シュトーレン編

クリスマスのお菓子として有名なシュトーレンですが、当店では日常的に食べていただける、また日持ちの良さから、万一の時の非常食としてもお役に立てるお菓子になれるよう、常時製作を行っています。
今回はこのシュトーレンの中に隠された当店のこだわりや美味しさの秘密を少しご紹介していきたいと思います。

自家製にこだわって・・・

店主のこだわりなのか、何もかも自家製で製作する傾向にあるこのお店(笑)。シュトーレンの中に入っているマジパンもオリジナルの自家製です。オリジナルといっても基本はドイツ人パティシエにしっかり仕込まれています(若かりし頃)ので、基礎にプラスして店主のこだわり食材、アイデア、愛情、思い、が入った当店オリジナルマジパンになります。

ちなみにマジパンって・・・

マジパンって何からできているかご存じですか?
マジパンとはアーモンドを粉末状にし、砂糖や卵白などと混ぜ合わせてペースト状にしたものをいいます。マジパンを使った代表的なものにドイツ菓子のシュトーレンがありますが、他にもデコレーションケーキなどの飾りとして動物やお人形の形に作ることもあります。

ローストしたアーモンドの皮を剥いて粉末へ。。。結構時間がかかる作業ですが丁寧に。丁寧に行っていきます。美味しいマジパンになるように。

ドライフルーツへのこだわり

地元の農家さんに作っていただいているブドウをセミドライにしてドライフルーツにしています。この作業、水分量がカギとなります。水分を残しすぎるとカビなどの原因になるし、水分を取りすぎると食感が固くなってしまいます。微調整が難しい作業です。

可能な限り材料を自家製で製作しています。一つ一つを丁寧に。食べていただいた方が少しでもほっこり幸せな気持ちになるよう、美味しいもの作りを今後も続けていきます。